ホーム > オレオレ詐欺にご注意ください!〜息子を装う振り込め詐欺未遂事件が連続発生〜

オレオレ詐欺にご注意ください!〜息子を装う振り込め詐欺未遂事件が連続発生〜

総務課 : 2014/07/28

オレオレ詐欺

1 事案の概要
 本年7月8日から23日にかけて、高松市内在住の届出者6人の自宅に、息子を名乗る男から「のどが痛い。病院に行く。」「携帯電話が壊れて修理に出している。会社の携帯電話を使っている。」などと、息子が使っている携帯電話と違う番号からの電話があり、翌日、再び、同じ男から「実は、夫のいる女性と不倫して、相手の女性が妊娠した。女性の主人が怒ってしまい、弁護士を入れて話をしている。200万円用意しなければいけない。」「示談金を弁護士の口座に振り込んでほしい。」などと、振り込め詐欺(オレオレ詐欺)の前兆と認められる不審電話がありました。
 本件は、振り込め詐欺(オレオレ詐欺)の前兆電話と認められますが、電話を受けた者は不審に思い、相手の要求に応じることなく警察に相談や通報をしており、実害はありません。
2 防犯対策等
 (1) 息子や孫から「のどが痛い。」「かぜをひいた。」などと、声が違うことを説明しようとする電話があったときは、振り込め詐欺を疑いましょう。
 (2) 息子や孫から「電話番号が変わった。」「会社の携帯電話を使っている。」などと電話があったときは、振り込め詐欺を疑い、元の番号に電話して確認しましょう。
 (3) 息子や孫から、金銭の振り込みなどを要求する電話があったときは、振り込め詐欺を疑いましょう。
 (4) 一人で判断せずに、家族や警察に相談しましょう。