ホーム > 三木町家庭ごみの分別について(Q&A)

三木町家庭ごみの分別について(Q&A)

環境保全課 : 2016/09/01

可燃ごみについて

Q1:プラスチック類や、ゴム、皮革類は、台所ごみと一緒に入れて出せますか。
A:全て可燃ごみです。町指定の可燃ごみ袋に入れて出してください。

Q2:プラスチックによっては堅いものがありますが、可燃ごみで出せますか。
A:プラスチックは、堅さに関係なく可燃ごみです。

Q3:栄養ドリンクやペットボトルなどのふたはどのように分別すればいいですか。
A:可燃ごみとして町指定の可燃ごみ袋に入れて出してください。

Q4:かばんやリュックなどはどのように分別すればいいですか。
A:可燃ごみとして町指定の可燃ごみ袋に入れて出してください。

Q5:座布団は可燃ごみですか。資源ごみですか。
A:可燃ごみです。町指定の可燃ごみ袋に入れて出してください。
ただし、長さが40センチ以上1メートル以下であれば粗大ごみになります。

Q6:剪定した木の枝はどのように分別すればいいですか。
A:剪定枝は、長さ40センチ以内(直径5センチ以内)に切り揃え、町指定の可燃ごみ袋に入れて出してください。
入らない場合は、たばねて町指定の可燃ごみ袋(45L)を巻きつけて出してください。

Q7:剪定した木の枝が少ない場合でも町指定の可燃ごみ袋(45L)を巻きつけなければいけませんか。
A:可燃ごみ指定袋に入る場合は、袋に入れて出してください。入らない場合は、指定袋(45L)を巻きつけて出してください。

Q8:電池などが取り外しできないおもちゃがありますが、それも可燃ごみですか。
A:どうしても取り外せない電池については、そのままで結構です。可燃ごみとして出してください。
ただし、取り外せる電池は、必ず取り外してから出してください。

Q9:発砲スチロールは可燃ごみとして出せますか。
A:可燃ごみです。町指定の可燃ごみ袋に入れて出してください。

Q10:プランターはどのように分別すればいいですか。大きいものであれば、町指定の袋に入らないものがあります。
A:プランターはプラスチック素材であれば可燃ごみです。ただし、長さが40センチ以上1メートル以下で重さが20kg以下のプラスチック素材は粗大ごみとなります。
また、プランターが陶器製であれば、不燃ごみとなります。


資源ごみ(缶・ビン・ペットボトル)について

Q11:缶づめ容器のふたはどのように分別すればいいですか。
A:缶づめ容器の中にふたを入れて、缶の収集日に指定用ネットに入れてください。

Q12:化粧品等のビンで、ふた・キャップが取り外せないものはどうすればいいですか。
A:そのまま色別に分けて出してください。

Q13:ペットボトルはつぶして出してはいけませんか。
A:つぶすとリサイクルできません。つぶさずに出してください。

Q14:殺虫剤やヘアスプレーなどのスプレータイプの缶はどのように分別すればいいですか。
A:完全に使い切った後、穴を開けて缶・ビン・ペットボトルの収集日に指定のネットに入れてください。
※必ずガス抜きをしてください。

Q15:お菓子などが入っていた缶はどうすればいいですか。
A:缶・ビン・ペットボトルの収集日に指定のネットに入れてください。30センチ以上ある缶は資源ごみ(金属類)の日に出してください。

Q16:化粧品などのビンは不燃ごみとして出せますか。
A:不燃ごみとしては出せません。化粧品などのビンは、ビンの収集日に色別に分けて出してください。


資源ごみ(紙・衣類等・金属類)について

Q17:パンフレットにあるように、布類は袋に入れて「衣類」と書くのですか。
A:十字にたばねるか、透明な袋に入れて出してください。袋への記載は不要です。

Q18:オイルやペンキが入っていた缶類は、缶の収集日のネットに入れて出せますか。
A:オイルやペンキが入っていた缶類は、資源ごみ(金属類)の収集日に出してください。
※ただし、中身(灯油等)の入っているものや業務用の缶類は収集できません。

不燃ごみについて


Q19:不燃ごみはすべて袋に入れないといけませんか。
A:収集時にごみが散乱しないよう袋に入れてください。ただし、危険なもの(ガラス、割れ物等)は新聞紙等に包んで袋に「危険」と書いてください。
小型家電製品はそのまま出してもかまいません。

Q20:不燃ごみと資源ごみ(金属類)の収集日は同じなので、混ぜて同じ袋に入れて出してもいいですか。
A:不燃ごみと資源ごみ(金属類)は別々に収集・リサイクルしていますので、混ぜると収集できません。それぞれに分けて出してください。

Q21:ガラス製のコップなどはビンの収集日に出せますか。
A:ガラス製のコップなどは不燃ごみの収集日に出してください。ただし、割れている場合は、新聞紙等に包んで「危険」と書いてください。

Q22:ガラス類は、割れていなくても新聞紙等に包んで「危険、割れ物」などと書いて出さないといけませんか。
A:割れていないのであれば、新聞紙等に包む必要はありません。そのまま半透明の袋に入れて出してください。

Q23:ビンは割れていたり粉々になっていてもビンの収集日に出せますか。
A:割れていたり粉々になっていれば、新聞紙等に包んで「危険、割れ物」などと書いて半透明の袋に入れて不燃ごみの日に出してください。

Q24:古くなった自転車や三輪車などはどのようにすればいいですか。
A:自転車や三輪車は、不燃ごみの収集日に出してください。防犯登録をなさっている方は、手続きを済ませてから出してください。
また、自動二輪や原付バイク等は、三木町では処理できません。販売店に問い合わせてください。
※詳しくは、二輪車リサイクルコールセンターまで TEL 050-3000-0727

Q25:保温保冷タイプの水筒は不燃ごみの収集日に出せますか。また、半透明の袋に入れる必要がありますか。
A:不燃ごみの収集日に出せます。また、袋に入れず、そのまま出してもかまいません。

Q26:焼却灰はどの収集日に出せばいいですか。
A:焼却灰(法律的に認められたもののみ)は、不燃ごみの収集日に出してください。また、袋に「灰」と書いておいてください。


粗大ごみについて

Q27:布団はどのように分別すればいいですか。
A:布団は折りたたみ、一枚ずつ十字にたばねて粗大ごみの収集日に出してください。

Q28:使っていないプリンターがありますが、どのようにすればいいですか。
A:プリンターは粗大ごみの収集日に出してください。

Q29:ゴルフバッグやスーツケースなどはどのように分別すればいいですか。
A:粗大ごみの収集日に出してください。


大型粗大ごみについて

Q30:たんすや畳、マッサージ器、机やソファーなど1メートルを超える大きいごみがありますが、粗大ごみとして出せますか。
A:長さが1メートルを超える家具等又は、重さが20kgを超えるごみは大型粗大ごみになりますので、直接クリーンセンターに持込んでください。
なお、持ち込みが難しい場合は、個別収集(有料)も行います。
○軽トラック1台あたり : 3,810円(税抜き)
○2トン車1台あたり  : 9,524円(税抜き)
※予約については三木町クリーンセンターまでTEL087-898-2554

Q31:こどもの遊具で素材はプラスチックで大きさが1メートルを超えていますが、どのように分別すればいいですか。
A:1メートルを超える大きさであれば、大型粗大ごみになります。
また、重さが20kgを超えるごみも、大型粗大ごみになりますので、直接クリーンセンターに持込んでください。


三木町では処理できないもの

○危険物、有害物…農薬、バッテリー、ガソリン等の燃料、ガスボンベ、医療系廃棄物等
○処理困難物…耐火金庫、ピアノ、汚泥、残土、コンクリート、ブロック、瓦、マフラー、タイヤ、ホイール等の自動車部品
○産業廃棄物…事業活動に伴って発生したもの(建築廃材、農機具、農業用資材等)

Q32:パソコンは三木町で収集してくれますか。
A:収集できません。メーカーに電話で引取を申し込んでください。

Q33:ボタン電池・充電式電池は収集してくれますか。
A:収集しできません。リサイクルマークのある販売店に問い合わせてください。

Q34:テレビやエアコン、冷蔵庫は収集してくれますか。
A:収集できません。これらは家電リサイクル対象品目となりますので、【家電販売店】へ問い合わせてください。

Q35:消火器は収集してくれますか。
A:収集できません。販売店に問い合わせてください。


クリーンセンターへの持込みごみについて

Q36:新聞や布類の資源ごみも、持ち込むと有料ですか。
A:資源ごみの持ち込みについては、10kg以下は1日1回限り無料です。

Q37:持ち込みできる日時を知りたいのですが。
A:平日は午前8時45分から午後3時45分までです。
また、第2・第4土曜日の午前8時45分から午前11時までです。(ただし、祝日及び年末年始は除きます。)
受付に時間がかかります。持ち込み終了時間の20分前をめどにお越しください。