ホーム > 三木町ため池ハザードマップ

三木町ため池ハザードマップ

産業振興課 : 2014/06/27

ため池ハザードマップとは

 このため池ハザードマップは、東日本大震災時にため池の決壊により死者7人という甚大な被害をもたらした災害を教訓として、町内の大規模ため池16箇所(貯水量10万トン以上)をハザードマップとして作成したものです。
 想定は、地震等により、ため池の堤防が決壊してため池から一度に氾濫水が流出した場合を想定し、ハザードマップにはその氾濫水が到達する可能性のある地域の最大範囲と、予想される浸水の深さ、おおよその到達時間を図上で表しています。
 「地震等災害時には、ため池の決壊もありえる。」という防災意識で避難訓練等に活用してください。
【注意事項】
 建物の倒壊等は考慮していないため、実際にはがれき、車の流出等さまざまな条件が重なり合うため、浸水域については、変化することが考えられています。
 また、さぬき市ため池ハザードマップの三木町への影響についても併せてお知らせします。さぬき市防災情報メールに登録することで、さぬき市内の災害情報を入手できます。

山大寺池(PDF:3.16MB)

奥ノ堂池(PDF:3.14MB)

堀切池(PDF:3.12MB)

鍛冶池(PDF:3.47MB)

二股上池・二股下池(PDF:3.49MB)

男井間池・女井間池・下池(PDF:3.23MB)

小川下池・二ツ池・蓮池・三ツ子石池・外山池(PDF:4.57MB)

平木尾池(PDF:2.77MB)

国下池(PDF:2.79MB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)