ホーム > 三木町総合戦略〜日本一“かがやくまち”をめざして〜

三木町総合戦略〜日本一“かがやくまち”をめざして〜

政策課 : 2016/10/30

「三木町まち・ひと・しごと創生総合戦略」の推進に向けて

 計画の策定はあくまでスタートであり、これからいかにして実行に移していくかが重要となります。

 実行にあたっては、計画の当事者である住民一人ひとりが、この計画に対して「当事者意識」を持つことが最優先であると考え、計画策定(Plan)、推進(Do)、点検・評価(Check)、改善(Action)のすべての過程において、住民が中心となって取り組める環境をつくります。

百眼百考会議プラス【取組みの点検・評価(Check)】

 三木町まち・ひと・しごと創生総合戦略「三木町まんで願大作戦」に掲げる取組みについて、住民による点検・評価のプロセスに外部有識者等も参加し、点検及び進捗評価を行うもの。数値目標及び取組みの進捗状況を検証する上で、当事者である住民目線からの生の点検・評価を行うことで戦略の実効性を高めます。

<平成28年度>

 三木町総合戦略の「柱」として掲げる、まんで願いきいきタウン構想(健康寿命の延伸・まんで願いきいきパーク)をメインテーマとして、平成27年度に実施された4つの重点プロジェクト取組みについての進捗状況等の報告もふまえ、2つの分科会にて議論を進めています。

 平成28年度百眼百考会議はコチラから★

「三木町まち・ひと・しごと創生総合戦略」及び「三木町まち・ひと・しごと創生人口ビジョン」の策定【平成27年10月】

 三木町では、まち・ひと・しごと創生法に基づき、この地域で暮らすことに「幸せ」を感じられるまちをつくることを目的として、人口減少率の抑制とともに、人口減少や少子高齢化が急速に進むなかでも住民が幸せになれる持続可能な仕組みの実現に向けて、「三木町まち・ひと・しごと創生総合戦略『三木町まんで願大作戦』」を策定しました。
 本戦略では、私たちがめざす姿を「『わたしのまち』と一人称で呼んでもらえる三木町」として、すべての住民がまちづくりを「自分事」として感じられる町の実現に向け、「まんで願いきいきタウン構想」や重点プロジェクトなど必要な取組みの基本的な考え方を示しています。

 また、あわせて三木町の人口動態の現状分析を行い、人口の現状と課題を整理したうえで、三木町のめざすべき方向性や人口の将来展望を提示した「三木町まち・ひと・しごと創生人口ビジョン」を策定しました。

 今後、この戦略を住民をはじめ町全体で共有・推進していくとともに、先行的な取組みに速やかに着手し、総合戦略における重点プロジェクトなど具体的な施策を全面展開していきます。

三木町まち・ひと・しごと創生総合戦略「三木町まんで願大作戦」

    三木町まち・ひと・しごと創生総合戦略「三木町まんで願大作戦」

三木町まち・ひと・しごと創生人口ビジョン

    三木町まち・ひと・しごと創生人口ビジョン

 地方創生とは

1 経緯
 少子高齢化の進展に的確に対応し、人口の減少に歯止めをかけるとともに、東京圏への人口の過度の集中を是正し、それぞれの地域で住みよい環境を確保して、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくため、国が、「まち・ひと・しごと創生法(平成26年法律第136号)」を制定し、「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン」と「まち・ひと・しごと創生総合戦略」を閣議決定(平成26年12月27日)。地方自治体においても、地方版「人口ビジョン」と「総合戦略」の策定が求められています。

2 総合戦略とは
 基本的な考え方
 (1)人口減少と地域経済縮小の克服
 (2)まち・ひと・しごとの創生と好循環の確立
  「しごと」が「ひと」を呼び、「ひと」が「しごと」を呼び込む好循環を確立するとともに、その好循環を支える「まち」に活力を取り戻す。

3 地方人口ビジョン及び地方版総合戦略
 (1) 地方人口ビジョン・・国の長期ビジョンを勘案しつつ、各自治体における人口の現状を分析し、人口に関する地域住
                 民の認識を共有し、今後めざすべき将来の方向と人口の将来展望を提示するもの
  〇対象期間 国の長期ビジョンの期間(2060年)が基本
           (地域の実情に応じた期間設定もできる。(国立社会保障・人口問題研究所の推計期間(2040年など))
 (2) 地方版総合戦略・・・国の総合戦略を勘案しつつ、地方人口ビジョンを踏まえ、地域の実情に応じた今後5か年の目
                 標や施策の基本的方向、具体的施策をまとめるもの
  〇対象期間 平成27年度〜平成31年度(5年間)
 

まち・ひと・しごと創生「長期ビジョン」「総合戦略」(PDF:454KB)


三木町総合戦略

“三木町総合戦略”策定に向けた取組ポイント

(1)戦略を作る「プロセス」を重視(全国どこにもないプロセス)
 ・無作為抽出による住民協議会「百眼百考会議」を更に強化して戦略策定の中心と位置づける。
 ・議論に参加する有識者は県外を中心とした多彩な所属

(2)子育て世代を中心とした全世代がより住みやすい三木町をめざす
 「まんで願いきいきタウン構想」として、子育て世代を中心とした全世代がより住みやすいと感じるための具体的な方策を検討。総合戦略の柱とし、人口減少・超高齢化社会に立ち向かう全国の自治体にとっての「モデルケース」をめざします。

三木町総合戦略策定体制図


総合

外部有識者一覧はこちら

三木町総合戦略策定スケジュールについて

会議スケジュール(PDF:116KB)

 三木町総合戦略策定委員会

第1回会議

第1回(平27.6.17)議事概要(PDF:349KB)

第2回会議

第2回(平27.8.18)議事概要(PDF:439KB)

第3回会議

第3回(平27.9.7)議事概要(PDF:513KB)

第4回会議

第4回(平27.10.19)議事概要(PDF:482KB)

まんで願いきいきタウン構想策定委員会

第1回会議

第1回(平27.8.3)議事概要(PDF:381KB)

第2回会議

第2回(平27.9.1)議事概要(PDF:453KB)

第3回会議

第3回(平27.9.29)議事概要(PDF:459KB)

第4回会議

第4回(平27.10.13)議事概要(PDF:421KB)

三木町関係金融機関を対象とした三木町総合戦略策定に係る意見交換会

「三木町まち・ひと・しごと創生総合戦略(案)」に関するご意見・ご提案(PDF:164KB)

百眼百考会議

無作為抽出による住民協議会「百眼百考会議」を更に強化して戦略策定の中心と位置づけ実施(4分科会構成)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)