ホーム > 三木町職員の懲戒処分について

三木町職員の懲戒処分について

総務課 : 2017/09/12

次のとおり懲戒処分を行いましたので公表します。


1 被処分者   上下水道課 係長 松家 俊樹 (まつか としき)(39歳)

2 処分年月日   平成29年9月12日

3 処分の内容   懲戒免職

4 事案の概要
 当該職員は、平成29年2月4日(土)夕方から職場の同僚と飲食後、自宅に帰ったが、その後、自ら自家用車を運転して、同日午後11時30分頃三木町大字下高岡地内で物損事故を起こした。香川県警察によるアルコール検査によりアルコールが検知されたため、道路交通法違反(酒気帯び運転)の容疑で逮捕される。同年6月6日、高松地方検察庁から高松地方裁判所へ道路交通法違反の罪で起訴され、本日、懲役8月、執行猶予2年の判決を受けた。なお、当該職員は、同年6月12日から起訴休職中であった。

5 町長コメント
 この度の町職員の酒気帯び運転による不祥事につきましては、住民の皆様の信頼を著しく損なうこととなり、心よりお詫びを申し上げます。
また、嘆願書を提出したことにつきましても多数の住民の方々から厳しい批判を受けたことに対しましては、非常に重く受け止めており、重ねてお詫び申し上げます。
 今後は、このような事態を二度と起こさないように、私自らが先頭に立ち職員一丸となって法令の遵守を徹底するとともに、公務員としての自覚を強く促し、住民の皆様の信頼回復に全力を挙げて取り組んでまいります。