ホーム > 在宅医療・介護連携推進事業

在宅医療・介護連携推進事業

地域包括支援センター : 2020/12/23

在宅医療・介護連携推進事業について

 在宅医療・介護連携推進事業とは、医療と介護の両方を必要とする状態の高齢者が、住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるよう、地域における医療・介護の関係機関が連携して、包括的かつ継続的な在宅医療・介護を一体的に提供することができるように、都道府県あるいは保健所の支援の下、市区町村が中心となって、地域の医師会等と緊密に連携しながら、地域の関係機関の連携体制の構築を推進することをいいます。

 三木町地域包括支援センターは、木田地区医師会と共に「三木町在宅医療・介護連携推進協議会」の事務局を担い、協議会の中に「体制検討部会」、「情報共有システム検討部会」、「啓発推進部会」の3つの部会を設け、地域の医療・介護の関係機関・関係団体と連携を図りながら、その体制づくりに努めています。

相談窓口

 三木町地域包括支援センターでは、高齢者が医療や介護が必要になっても住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けることができるように、この事業の「相談窓口」を設置して対応しています。「病院から在宅への退院調整」、「在宅かかりつけ医・訪問介護などの紹介」、「医療やサービスの情報提供」等のお問合せがあれば、お気軽にご相談ください。

 下の「木田地区医療介護連携」のリンクをクリックすると、木田地区内の病院(診療所)・薬局・介護事業所等の連携機関の情報がご覧になれます。

 

お問い合わせ先

三木町役場 福祉介護課 三木町地域包括支援センター
TEL 087-891-3321

このページのトップへ