ホーム > お医者さんにかかるとき(後期高齢者医療制度)

お医者さんにかかるとき(後期高齢者医療制度)

健康福祉課 : 2018/05/21

お医者さんにかかるときに窓口に提示するもの

  • 被保険者証

窓口で支払う費用

後期高齢者医療保険でお医者さんにかかったときに自分で支払う費用(一部負担金)は、外来、入院とも費用の1割(若い世代並に所得のある方は3割)です。
※被保険者証には、自己負担の割合が記載されています。病院などの窓口で提示しないと負担割合にかかわらず、一律3割の自己負担をいったん支払うことになります。

所得によって自己負担額が変わります

所得区分 負担割合 所得区分の要件

若い世代並に

所得のある方

3割 課税所得が145万円以上の方とその世帯に属する方
※ただし、年収が以下の場合届け出れば1割負担。
(1)世帯に被保険者が1人で、被保険者の収入が383万円未満
(2)世帯に被保険者が2人以上で、被保険者の収入合計が520万円未満
(3)世帯に被保険者が1人で、収入が383万円以上であるが、同じ世帯に70歳から74歳
の方がいる場合には、その方を含めた収入合計が520万円未満
一 般 1割 若い世代並に所得のある方、区分I、区分IIのどれにも該当しない方
区分II 同じ世帯の全員が住民税非課税で、区分Iに該当しない方
区分I 同じ世帯の全員が住民税非課税で、世帯の全員の所得が0円(年金の所得は控除額を80万円として計算)、または老齢福祉年金受給者の方

入院時の食事代(1食あたり)

一般・現役並み 460円
区分得 II(※1) 過去1年の合計の入院日数が90日(※2)以下の場合 210円
過去1年の合計の入院日数が91日(※2)以上の場合 160円
区分 I(※1) 100円

※1 区分I・IIに該当する方は、限度額適用・標準負担額減額認定証が必要となりますので、役場健康福祉課長寿社会係で申請してください。
※2 申請月から過去1年間以内で、区分IIの限度額適用・標準負担額減額認定を受けていた期間の入院日数

このページのトップへ