ホーム > まちの新しいランドマーク 「三木万華鏡モニュメント」

まちの新しいランドマーク 「三木万華鏡モニュメント」

政策課 : 2013/04/04

 3月10日、三木万華鏡モニュメントのオープニング式が行われました。制作費をご寄附いただいた協和化学工業(株)、(株)サンエイ、地元の児童や関係者約30人が参加し、三木中学校吹奏楽部のファンファーレを合図にテープカットを行い完成を祝いました。高さ約8mのモニュメントは昼間に見る壮観な様子だけでなく、夜間にはLED発光により優しい光で見る人を癒してくれます。また、内部は万華鏡になっていてコンピュータグラフィックで作成された幾とおりもの神秘的な模様が楽しめます。

 オープニング式に参加した児童らは「こんな大きな万華鏡は初めて、毎日来て黄色い獅子も見たいな」と数百回に1度現れる「幸(こう)」と「福(ふく)」の二頭の獅子との遭遇に期待を膨らませいていました。

 今後は「三木町といえば、大きな万華鏡のあるまち」として、まちの新しいランドマークとなることでしょう。



三木万華鏡モニュメント(昼間のようす) 三木万華鏡モニュメント(夜間のようす) セレモニーのようす 子供たち