ホーム > 夢の糖「希少糖」 〜大量生産の酵素を三木町で発見!!〜

夢の糖「希少糖」 〜大量生産の酵素を三木町で発見!!〜

政策課 : 2014/09/29

香川県三木町で生まれ、培われてきた夢の糖「希少糖」。

希少糖は自然界にはほとんど存在しない糖ですが、
三木町にある香川大学農学部の何森特任教授が1990年初頭、
果糖に酵素を加え、「D-プシコース」への変換(異性化)に成功し、現在の希少糖の大量生産へとつながっています。


D−プシコース結晶

← D−プシコース結晶



希少糖は、三木町希少糖研究研修センターをはじめ、香川大学農学部や医学部で研究が進められているほか、地域振興や教育の分野でも大きな注目を集めています。


○「希少糖」について、詳しくはコチラから★

このページのトップへ