ホーム > 小型特殊自動車について

小型特殊自動車について

税務課 : 2014/12/05

軽自動車税の対象となる「小型特殊自動車(農耕作業用・その他)」

小型特殊自動車 農耕作業用 その他
車両の
大きさ
長さ  制限なし  4.7m以下
 制限なし  1.7m以下
高さ  制限なし  2.8m以下
総排気量  制限なし  制限なし
最高速度  時速35km未満  時速15km以下
構 造 農耕作業を行う能力と乗用装置を兼ね備えた「農耕トラクター、農業用薬剤散布車、刈取脱穀作業車(コンバイン)、田植機、国土交通大臣の指定する農耕作業用自動車」 ショベルローダ、タイヤローラ、ロードローラ、グレーダ、ロードスタビライザ、スクレーバ、ロータリ除雪自動車、アスファルトフィニッシャ、タイヤドーザ、モータスイーパ、ダンパ、ホイールハンマ、ホイールブレーカ、フォークリフト、フォークローダ、ホイールクレーン、ストラドルキャリヤ、ターレット式構内運搬自動車、自動車の車台が屈折して操向する構造の自動車、国土交通大臣の指定する構造のカタピラを有する自動車、国土交通大臣の指定する特殊な構造を有する自動車
田んぼや畑でしか使用しない(公道を走らない)場合でも、所有者になった日から15日以内に、申告しなければいけません。
正当な理由がなくて申告又は報告をしなかった場合は、その者に対し、10万円以下の過料を科す場合があります。


※軽自動車税は、毎年4月1日現在の所有者に課税されます。譲渡・廃棄・盗難等により所有されていない場合は、4月1日までに廃車や異動の申告をしてください。期日までに申告がない場合は、引き続き税金が課されますので、ご注意ください。