ホーム > 認知症ケアパスについて

認知症ケアパスについて

健康福祉課 : 2015/11/01

認知症は誰もがなる可能性のある身近な病気です。認知症になっても本人の意志が尊重され、できる限り住み慣れた地域の良い環境で暮らし続けることができる社会を目指し、認知症の人が、認知症を発症したときから、その進行状況に応じていつ、どこで、どのような医療・介護サービスを受けることができるのか5つの段階にまとめています。

認知症ケアパス(Excel:76KB)

このページのトップへ