ホーム > 管理栄養士の食育LIFE通信

管理栄養士の食育LIFE通信

健康福祉課 : 2017/08/01

夏野菜で元気もりもり

 いよいよ、夏本番。夏は汗と一緒にビタミンやミネラルなどの栄養成分が身体から失われ、どうしても疲れやすくなります。夏野菜には、水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多く、身体にこもった熱を身体の中からクールダウンしてくれます。そこで、疲労回復効果のあるビタミンB群や、身体の免疫力を高め紫外線から守ってくれるビタミンCを多く含む夏野菜を食べて元気に過ごしましょう。

おすすめ夏野菜

  • トマト

 赤色色素成分のリコピンは、強い抗酸化力を持ち、老化や動脈硬化などの生活習慣病を防ぐ役割があります。

  • きゅうり・ナス

 水分を多く含み、利尿作用があるのでむくみ解消に効果的です。

  • 枝豆

 たんぱく質やカルシウム等栄養が豊富な野菜です。

  • オクラ

 ネバネバ成分のペクチンが、暑さで弱った胃腸を守ってくれます。

おすすめレシピ

  • おくら和え

○材料(2人前)○
おくら  2本
きゅうり 1/3本
もやし  1/3袋
ツナ缶  1/6缶
かつお節 1g
濃口しょうゆ 小さじ1/2

○作り方○
1 おくらはさっとゆで水にとり、水気を切って、小口切りにする。きゅうりは縦半分に切り、斜めに薄切りにする。もやしはさっとゆでる。
2 ボウルに1とツナ、かつお節、しょうゆを入れて和える。


おくら和え
このページのトップへ