ホーム > 身体障害者手帳で受けることができる支援

身体障害者手帳で受けることができる支援

健康福祉課 : 2018/05/15

更生医療

身体障害者手帳を持つ人が日常生活、職業生活に、より適合するため、身体の機能障害を軽減又は改善することを目的とする医療です。役場健康福祉課に申請をし、指定医療機関において給付を受けることができます。
対象となる主な医療は次の表のとおりです。
障害 種類
視覚 角膜移植術・水晶体摘出術等
聴覚 形成術・穿孔閉鎖術
言語 形成術等
肢体不自由 各関節の授動術・形成術・切断端形成術等
心臓 手術により障害の軽減可能な医療
腎臓 人工透析療養・腎移植術
小腸 中心静脈栄養法及びこれにともなう医療

補装具の交付・修理

身体障害者の日常生活や社会生活の向上を図るために、その失われた身体機能や損傷のある身体機能を補うための用具(補装具)の交付及び修理を受けることができます。
対象となる主な補装具は次のとおりです。
障害別 主な補装具
肢体不自由者 義手・義足・装具・座位保持装置・車椅子
聴覚障害者 補聴器
視覚障害者 盲人安全杖・義眼・めがね・点字器
音声言語機能障害者 人口喉頭
内部障害者 手押し型車椅子・歩行補助杖・歩行車・ストマ用装具
平衡機能障害者 車椅子

日常生活用具の給付

在宅の重度身体障害者は日常生活の便宜を図るため、浴槽など日常生活用具の給付又は貸代を受けることができます。

給付の例
  • 特殊寝台
  • 浴槽
  • 視覚障害者用拡大読書器
  • 聴覚障害者用情報受信装置
  • ネブライザー
  • 電気式たん吸引器
  • 歩行支援用具
  • 入浴補助用具
など

重度身体障害者住宅整備事業補助金

身体に重度の障害を有する方の日常生活を容易にし、その行動範囲を広げて自立を促進するため、居住環境の整備及び改善をする事業に対して、助成をしています。

特別障害者手当

日常生活において、常時、特別な介護を必要とする20歳以上の在宅の重度障害者は特別障害者手当を受給することができます。ただし、身体障害者療護施設その他、これに類する施設に入所している人などを除きます。

障害児福祉手当

日常生活において、常時、特別な介護を必要とする20歳未満の重度障害児は、障害児童福祉手当を受給することができます。ただし、肢体不自由児施設その他、これに類する施設に入所している人などを除きます。

香川県心身障害者扶養共済制度

障害のある方を扶養している保護者が、自らの生存中に毎月一定の掛金を収めることにより、保護者に万一のことがあったとき、障害のある方に終身一定額の年金を支給する任意加入の制度です。

その他

  • 税制上の優遇措置
  • 障害者居室等整備資金の貸付
  • 自動車運転免許取得の助成
  • 自動車改造費助成
  • パソコン周辺機器購入費助成
  • 自動車税及び軽自動車税の減免
  • 有料道路通行料金・一般自動車道使用料金の割引
  • NHK放送受信料の減免
  • JR旅客運賃の割引
  • タクシー運賃の割引
  • 携帯電話基本使用料等の割引

受付場所・問合せ先

三木町役場 健康福祉課 福祉係
TEL.(087)891-3304

 

このページのトップへ