ホーム > 管理栄養士の食育LIFE通信

管理栄養士の食育LIFE通信

健康福祉課 : 2018/12/01

インフルエンザにご用心

 冬にインフルエンザが流行するのは、気温が低くなり空気が乾燥し、ウイルスがより活性化することに加え、寒くなると人間の活動量が減り、免疫力が落ちることで感染症が増加すると言われています。「去年罹らなかったので大丈夫」と油断せず食生活を見直して免疫力を高め、インフルエンザに罹らない体を作りましょう。

免疫力アップに欠かせない栄養素

 免疫力を高めるために、1日3食、規則正しく食べ、旬の食材を中心にバランスよく摂ることが大切です。良質なタンパク質が不足しないよう、肉や魚、卵や大豆製品の中から毎食2種類程度、食事に取り入れるようにしましょう。あわせて免疫力アップに欠かせないビタミンやミネラルを意識して取り入れましょう。
ビタミンA
 人参・ほうれん草・かぼちゃなどの緑黄色野菜、豚肉・鶏肉などの肉類
ビタミンC
 ブロッコリー・ピーマンなどの緑黄色野菜、いちご・キウイフルーツなどの果物
ビタミンE
 さつまいも・かぼちゃ・アーモンドなど
ビタミンB群
 牛肉・豚肉などの肉類、レバー、卵、ウナギなど
亜鉛
 牡蠣・鰹・鯖などの魚介類、牛肉・豚肉などの肉類

もしインフルエンザに罹ったら

 脱水症状にならないように水やお茶、経口補水液などでこまめに水分補給し、刻んだ野菜や卵、しらすなどの魚を加えた栄養価の高いおかゆなど、食べやすいものを摂るようにしましょう。 

体調が悪いときに食べたい1品


からだあったまる雑炊

○からだあったまる雑炊○

<材料(2人分)>
ご飯200g・ほうれん草30g・鮭フレーク20g・卵1個
三つ葉10g・味噌小さじ1・だし汁1カップ・おろし生姜少々

<作り方>
(1)ほうれん草・三つ葉は食べやすい大きさに切っておく。
(2)(1)にだし汁・ご飯・味噌・おろし生姜を入れ、弱火で5分加熱する。
(3)溶き卵を回し入れ、鮭フレーク・三つ葉を盛り付ける。