ホーム > 新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金の支給について(後期高齢者医療)

新型コロナウイルス感染症に伴う傷病手当金の支給について(後期高齢者医療)

住民健康課 : 2020/06/12

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、後期高齢者被保険者のうち一定の要件を満たした方に対し、傷病手当金を支給します。

支給対象

  1. 被用者のうち、新型コロナウイルス感染症に感染した者、又は発熱等の症状があり感染が疑われる者で、療養のため労務に服することができなくなった日から起算して、4日目以降に労務に服することができない期間のうち、就労を予定していた日数に対し、1日当たりの個別算定額を支給します。

支給期間

労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日から労務に服することができない期間のうち、就労を予定していた日

支給額

1日当たりの支給額(直近の継続した3か月間の給与収入の合計額÷勤務日数)×3分の2×支給対象となる日数

※1日当たりの支給額の上限は30,887円です。
※給与の全部又は一部を受けることができる場合は、支給額を支給しない又は調整する場合があります。

適用期間

令和2年1月1日から令和2年9月30日の間で療養のため労務に服することができない期間(ただし、入院が継続する場合等は最長1年6か月まで)

申請に必要なもの

・傷病手当金支給申請書(1)〜(4)
・後期高齢者医療被保険者証
・印鑑
・預金通帳など口座番号と名義の確認ができるもの
・本人確認ができる身分証明書

※被保険者がお亡くなりになられている場合は、相続人への振り込みとなりますので、合わせて誓約書もご提出ください。

※ご不明な点がありましたら、お電話にてお問い合わせください。
 なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、郵送 での申請にご協力ください。

申請書

(1)〜(4)傷病手当金申請書(PDF)(PDF:455KB)

傷病手当金誓約書(PDF)(PDF:51KB)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ