ホーム > よくある質問 > 介護保険申請とサービス利用の流れ

よくある質問と回答

介護保険申請とサービス利用の流れ

介護保険でサービスを利用するにはどの様な手続きが必要ですか?

回答

介護保険申請とサービス利用の流れは下記のとおりです。
主治医意見書の作成
 ↓
健康福祉課介護保険係(5番窓口)にて要介護認定申請
 ↓
認定調査員の訪問(聞き取り)
 ↓
介護認定審査会による介護度(要支援1・2、要介護1〜5の7段階および非該当)の判定
 ↓
要支援1・2の場合は地域包括支援センターがケアプランを作成します。
要介護1〜5の場合は居宅介護支援事業所がケアプランを作成します。


サービス利用の流れ

・要支援1・2の場合
初めての介護保険申請で要支援1・2と認定された方は、まず地域包括支援センターと契約を結び、その後に担当のケアマネジャーが決定します。(契約の際は認め印と送付された新しい介護保険被保険者証をお持ちになって三木町地域包括支援センターまでお越しください。)
担当となったケアマネジャーが介護予防ケアプランを作成し、必要なサービスの利用が開始されます。

・要介護1〜5の場合
健康福祉課介護保険係から新しい介護保険被保険者証と一緒に居宅介護支援事業所一覧が送付されます。それらを参考にしながら事業所を選択し、契約を結んでください。
契約の後ケアマネジャーが決定し、居宅介護ケアプランを作成し、必要なサービスの利用が開始されます。