ホーム > 農地の権利移動について(農地法第3条)

農地の権利移動について(農地法第3条)

産業振興課 : 2016/09/14

農地の売買、貸借、解約について

 農地を買いたい(売りたい)、貸したい(借りたい)、(小作等を)解約したいという時は、三木町農業委員会に是非ご相談ください!!
 
※農地の売買、貸借、贈与には農業委員会の許可が必要になります。これは、農地法第3条で規定されており、農業委員会の許可を受けないで行った場合には、農地法第3条7項により、効力を生じません。

 農地法以外にも、農業経営基盤強化促進法に基づいて貸借等を行うことも出来ますので、農地の売買、貸借をしたい場合には農業委員会へ是非ご相談を!!
 

農地法第3条の審査基準について

1) 全部効率利用条件
 農地を購入、又は借りたいという場合には、現在所有している、借りている農地を全て効率よく利用していなければなりません。また規模を拡大する場合には、その農地も全て利用していただく必要があります。(農地法第3条2項第1号)

2) 農地所有適格法人
 法人が農地を購入もしくは借りる場合には、農地所有適格法人である必要があります。
(農地法第3条2項2号)

3) 信託の引き受けの禁止
 信託の引き受けにより売買、賃借等を行うことは許可をすることが出来ません。
(農地法第3条2項3号)
 
4) 農作業常時従事条件
 申請者もしくは申請者の世帯員は農作業に常時従事する必要があります。
 (農地法第3条2項4号)

5) 下限面積要件
 三木町において農地を購入もしくは借りる場合には、原則として、40a以上の農地を所有する必要があります(世帯員含め)。
 (農地法第3条2項5号)

※現時点において所有農地が40a未満であっても、購入等によって40aを超える場合、下限面積要件を満たしていると判断します。

6) 転貸、または質入の禁止
 所有権以外の権原に基づいて耕作、養蓄をしている農地を転貸、又は質入れをすることは禁止されています。
(農地法第3条2項6号)

7) 地域との調和要件
 購入、又は借入をする申請農地の周辺農地利用に影響を与えてはいけません
(農地法第3条2項7号)




1)全部効率利用条件については、所有する機械、労働力、通作距離等から総合的に判断します。

2)平成28年4月1日から、農業生産法人は農地所有適格法人になるといった法改正がありました。それに伴って要件等の見直しがございますのでご確認ください。
http://www.maff.go.jp/j/keiei/koukai/nouchi_seido/pdf/nouchi_taihi.pdf
また、農地所有適格法人とは、農地法第2条3項に定められているものです。

4) この場合の世帯員は、農地法第2条2項に定められているものになります。

5) 下限面積要件は、経営面積が小さいことによって生産性が低くなり、農業経営の持続性が欠如すると想定されるために設定されているものです。
 農地法第3条2項5号には、北海道2ha、都道府県50aと定められていますが、各地域の実情に合わせ面積を変更できるため、三木町では40aを下限面積と定めています。

[相続による農地の取得について]

 相続によって農地を取得した場合には、農業委員会に届出を行う必要があります。
 (農地法第3条の3第1項の規定による届出書)

※ただし、相続による農地取得の届出は、権利関係を証明するものにはなりませんのでご注意ください。

土地の現況について

 土地の現況が農地ではないものにつきましては、非農地として扱い、農地法を通した売買が出来ない可能性があります。
 山林化、宅地転用をしている場合には、転用申請及び、非農地証明願を申請していただくことがありますのでご注意ください。
※2a未満の農業用施設については、農地転用許可制度の制限除外になりますが、農業用施設として使用している旨の書類を提出していただきますのでご了承ください。

書類申請締切日について

 三木町農業委員会では、毎月1日を転用、売買等の締切日としております。
※締切日が土曜、日曜、祝日の場合にはその前日を締切日としております。
 書類申請に関して質問等ございましたら、三木町農業委員会事務局までご連絡ください。

農地に関する各種様式

[農地に関する各種様式]

各種様式記載例

[農地法第3条]

農地法第3条 様式第1号記載例(Word:131KB)

農地法第3条 様式第2号記載例(Word:46KB)

農地法第3条 様式第3号記載例(Word:63KB)

[利用権設定記載例]

利用権設定記載例(Word:76KB)

農地転用について

 農地から宅地、太陽光発電等にすることを農地転用といいます。農地転用をお考えの方は下記リンクから農地転用説明ページに移ることが出来ます。

このページのトップへ