ホーム > 三木町ハザードマップ

三木町ハザードマップ

総務課 : 2021/03/24

ハザードマップとは

 土砂災害や風水害などの 自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したもので、予測される災害の発生地点、被害の拡大範囲および被害程度、避難所などの情報を地図上に図示したものです。

  ハザードマップを日常的な防災に関する学習や訓練に利用することにより、災害発生時に、迅速・的確に避難を行うことができ、また二次災害発生予想箇所を避けることができるため、災害による被害の低減にあたり非常に有効なものとなっています。

三木町洪水ハザードマップ 令和3年3月発行

 平成30年7月豪雨、令和2年7月豪雨など、日本各地で未曾有の豪雨災害が発生している現状を踏まえ、香川県が、平成31年および令和元年に、新川および鴨部川流域に1,000年に1度クラスの大雨が降った場合の浸水想定区域図を作成しました。

 三木町では、令和2年度に、この区域図をもととした洪水ハザードマップを新たに作成しました。

 (データ容量が大きいので、下記ファイルの展開に多少時間がかかりますが、ご了承ください。)

防災のしおり(PDF:6.64MB)

洪水ハザードマップ【最大規模(1,000年に一度程度)】(冊子版地図)(PDF:50.3MB)

洪水ハザードマップ【最大規模(1,000年に一度程度)】(A1版地図)(PDF:45.9MB)

洪水ハザードマップ【計画規模(新川流域70年に一度程度・鴨部川流域50年に一度程度)】(PDF:43MB)

三木町防災ハザードマップ(総合版) 平成28年3月発行

 平成28年3月に、防災に関するトピックスと、洪水、土砂災害、ため池洪水の危険範囲を図示した三木町防災ハザードマップの総合版を発行しました。

防災のしおり

防災ハザードマップ(地図)

ハザードマップの入手について

 ハザードマップが必要な方は、三木町総務課又は各出張所で配布しています。
 なお、部数に限りがありますので、よろしくお願いします。

国土交通省 ハザードマップ ポータルサイト

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ